SSL証明書取得エラー

画像の説明

なんどやっても403エラーがでてたので、証明書の再生成を繰り返したいた。私はうっかり連続エラー時に証明書の発行に関して制限が設けられていたことを忘れてしまっていました。
この上限数はどれくらいかわからないけど、どうやら、そのせいで制限を超えアクセスエラーになったようだった。

そこで、私は海外の開発者の友人に助けを求めてみた。
こういう時にめちゃ助かる最強の外人さまだ(。☌ᴗ☌。)

ただ、ネックは日本語通じねーー。。。ってとこかな。
辞書とグーグル先生フル活用がものすごい大変(。>﹏<。)

説明

時差があること忘れてたわ(。>﹏<。)
Google先生は長文だとあまり正しく機械翻訳してくれないので困り果てた。
機械翻訳は長文が苦手のようだ。
結局、以下を聞くのにも、ほとんど辞書との戦いでした。

説明

以下和訳

まだ解決していません。 
私は今、どこかに何が間違っている箇所があるかを確信していますが...
助けてください。 
ページは12時間以上オフラインになっており、それは非常に悪いことです。 
損害が発生してから一晩中放置し、(画面を見ながら)ドメインが
解決し始めるかどうかを確認したりしています...
しかし、ダメな様子です。 
いずれにせよ、あなたがとても親切で、この問題を解決することに興味があるなら、
それが何らかの形で役立つならば、嬉しくも想います。
これはウェブサイトアドレス(リンク貼りつけ)です。
エラー箇所のエイリアス情報
CNAME www is an alias of “mydomain.com”
CNAME “mydomain.com” is an alias of c811.tier1.myaliascode
それで、何が間違っているのでしょうか? 
過去10時間検索してみましたが、間違いが何なのかわかりません。 
手伝ってください。 
どうもありがとう。


説明

てか、待ってる間に自力で解決してしまった(。>﹏<。)
どうやったのかは、以下で備忘録として残しておく。

pythonで解決させた。その流れ。
Certbotというソフトからコマンド操作で強制的に取得できる事を思い出したのでやってみた。

# yum install epel-release
# yum install certbot python-certbot-apache


# certbot -h
--------------------------------------------------------
certbot [SUBCOMMAND] [options] [-d DOMAIN] [-d DOMAIN] ...
以下省略


強制的に証明書を取得するコマンドを叩く

# certbot certonly --webroot -w /home/appuser/public_html/ -d hoge-staging.example.com



certonly : 証明書のみを取得する

  • webroot : httpdが動いていて、無停止で取得したい場合に指定
  • w : ルートディレクトリを指定します
  • d : ドメイン名を指定

証明書の確認してApacheに証明書を設定し解決できた。

SSL化が無事完成
ついでに高速化も。

以下、解決後の通信結果、1.8秒で全ページを読み込んでくれました。

説明



SSL化してついでに高速にしたサイトがこちら



コメント


認証コード5289

コメントは管理者の承認後に表示されます。