営業に最適なのはどれ?

画像の説明

フリーランスがSNS経由で案件を獲得するために最適なのはどれなのかを検証してみた。

私のSNSでの目的は、できるだけ、ナチュラルにブランディングができなかなぁ~~っていう事を検証実験の目的にしています。

なので、私は、自論でできるだけ「ステルス化」させる事を心掛けしています。
では、まず大事なポイントをここに記しておきます。

1.フリーランスはSNSで、まず、セルフプロデュースを考えてから使用する

SNSを上手に利用するためにサービスや情報を発信すると考えるのかもしれませんが、もはや、SNSでどんなに発信しても、一方的すぎて無意味な「いいね」しか集まらないと思います。

私は、何向きか?を考える

「自分の仕事はFacebook向きかも」「自分が提供するサービスはTwitter向きかも」などと想像して検証する

フリーランスはムリにフォロワーを増やそうとしない方がいい。
何千人いても無意味。
なぜなら、無理やりすぎる感がでるから。

もはやSNSは、プロフィールや名刺くらいのようなものだと言う感覚だけでいいのでは?という結論に。

そうすると、では、フリーランスがSNSをビジネスで使うとしたらどうするの~~ってなるよね。

ところが、SNSで、あまりにビジネス色を出してしまうとどうなるかって?
答え、「100%売れませーん」。これは捨てるべき。
もう、セールスする場ではないと思った方がいい。
だって、そもそもSNS全体が商売するなって言ってるしね。

「情報発信・情報収集」、「コミュニケーション」、「つながりづくり」、「その他」という使用目的として考えておく。

なので、セールスするというのではない。
結論、ナチュラルブランディングを考えて実践した方が良いということになりまーーす。

ナチュラルブランディングなので、その人に合うようにできるだけ個別に発信した方がいいかもね。

今回は。という結論でした。




※個人的な見解です



コメント


認証コード3220

コメントは管理者の承認後に表示されます。